599: 愛と死の名無しさん: 2012/04/27(金) 10:35:48
最近聞いた、うちの親父がやらかしたという不幸。

スポンサーリンク





スポンサーリンク
  

山深い田舎で生まれ育った父。
兄姉とは年が離れていて甘やかされた上、
一族の中で当時一人だけ大学(それも難関)に進学、
更に大学院にも進んだ。
そして一人だけ都会に出て研究者として大企業に就職。
自分の経歴のおかげで親族も周りから一目置かれると信じ、
その親族自身にたしなめられても気付かないほど
KYに自分の経歴を鼻にかけていた。

そんな父が従兄弟の結婚式に呼ばれた時。
披露宴で司会が父を紹介した際、
父の肩書を間違ってしまったそうだ。
カッとなった父は怒りに満ちた大声で訂正し、
会場が一瞬シン、と静まり返ったそうな。

その従兄弟には弟妹がいるけれど、
その弟妹の結婚式に父は呼ばれなかったそうだ。

父は我々子供が生まれてからもそんな調子だったが、
後年、誇りの源だった研究室勤務から外され、
そして不本意な異動や出向の末に目が覚めたと言う。
「おじさん、何も言わなかったけど、怒ってたんだろうなあ…」
40年経った今も思い出すと消え入りたくなるとのこと。


600: 愛と死の名無しさん: 2012/04/27(金) 11:05:47
>>599
結婚式という公の場で、しかも司会者が肩書きを間違えるのは
とても失礼なことで、怒るのも無理はない。
ただその怒りをその場でもろに出してしまったのはまずかったね。
今は恥ずかしく思ってるってことは、歳を重ねて丸くなったのかな。
最後の方、想像したらかわいいお父さんでなんか和んだw


601: 愛と死の名無しさん: 2012/04/27(金) 11:23:43
>>599
家の当主としてはお兄さんが居るし。
故郷を離れているとそんなもんじゃないかなぁ?

私も次男坊だが、従兄弟の結婚式は一度だけだな。
その時は叔母さんが、「この家初の祝い事だから全部呼ぶ」と息巻いていたw



603: 愛と死の名無しさん: 2012/04/27(金) 19:05:39
>>599

気がついたのなら立派だよ。
気がつかないままの人のほうが多いんじゃない?

肩書きや名前のミスは確かに失礼でプロとしてはまずいけど、
人がやっている以上、必ずおきること。
それをさらっと気づかないふりをして流せたり
ユーモアでフォローしてあげられるような人はかっこいいよな。


607: 愛と死の名無しさん: 2012/04/28(土) 00:21:50
>>606
司会者が肩書きを間違えるって本当に稀なことだもんね。
そこだけは注意するだろうというくらいの。
恐らく原稿の方が間違ってたんだろうなぁ…。


608: 599: 2012/04/28(土) 09:27:47
レスくれた人、ありがとう。
父が凹んでるから詳しく聞かなかったけど、
従兄弟の大切な日を祝うより
自分の勘違いのプライドを優先させて
場の雰囲気を悪くした、
皆不愉快に思っただろう、と恥じてた。
聞いた時は「そりゃひどいことしちゃったね」
とひたすら相槌打ってたけど、
もしまた父が同じ話をすることがあれば、
少し慰めとくよw


元スレ:****私は見た!! 不幸な結婚式112****
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1332600425/


スポンサーリンク
  



スポンサーリンク
 
おすすめサイト最新記事!!