最新記事
最新コメント
カテゴリー
スポンサードリンク
お知らせ
↓必見!↓
管理人厳選!ぜひ読んでもらいたいおすすめ記事集
↑クリック!↑

□ネタ募集中です!□
投稿はこちらからどうぞ!

逆アクセスランキング
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人一押しおすすめ人気記事

修羅場!!

スポンサーリンク

祖父母におやすみと言いに行こうとしたらシーツが血で真っ赤に染まった・・・

3: 名無しさん@HOME: 2012/02/08(水) 01:41:19.09 0
前スレがスプラッター系だったので自分もプチだが出血系を。

もう30年以上前、まだ3,4歳だったころの話。
家族、母方の祖父母、母の兄家族で父が勤めていた会社の保養所へ。
人数が多いので家族ごとに部屋を分けてとっていた。
寝る時間になって、祖父母におやすみなさいを言いに部屋へ行く途中、廊下で従姉に会った。
何を話したかは忘れたが、しばらく立ち話をしたところで「おやすみなさい言った?」と従姉に聞かれ
それを忘れていたことを思い出して急いで祖父母の部屋へ。急いでいたので走って行った。
(後に従姉に聞いたところ、スキップしていったらしい)

部屋の入口に来たところで、ガツン!と頭に衝撃。ドアノブかなにかぶつけたのだと思うが。
この時はわけが分からず、ぶつけたところがとても痛くて泣きながら祖父母の部屋へ。
「いたいーー!!」と部屋にひいてあった布団へ頭を抱えながら倒れこんだ。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む

スポンサードリンク

駅の階段をスライディングするように地面に激突したサラリーマンを目撃した

204: 名無しさん@HOME: 2012/02/09(木) 13:01:55.66 0
数年前、電車通勤してた頃の話

信号故障とかで電車が遅れていることが何度かあったので、
また会社遅刻だなと思いながらも車内ではすし詰めになり、
駅に到着して階段を下りようとしたら、
30代ぐらいのサラリーマンが階段を駆け下りてた。

下り坂を駆け下りると体が斜めになってるよね。
あんな感じで下りて行った。

駆け下りてるサラリーマンの前には誰もいないかった。
勢いがあって危ないなあと思ってたら、
その人、勢いが付きすぎて階段を下り切っても
体勢を立て直せず、そのままスライディングするように地面に激突した。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


サークルの部室で昼寝をしていたらジーンズの中で何かがガサガサしていた・・・

22: おさかなくわえた名無しさん: 2012/05/09(水) 10:38:07.75 ID:Nf3TeOWd
当方田舎の学生。
昼間、講義がない時間にサークルの部室に行ったら誰もいなかったので、
ひとりで昼寝をしていた。
部室には絨毯をひいていて、横になって寝られる環境になってた。

ぽかぽか陽気の中まどろんでいたら、ジーンズの中に違和感が。
何かガサガサしてる。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


会社の賄いを作ってくれるおばちゃんはかなりのメシマズだった...orz

48: おさかなくわえた名無しさん: 2012/05/15(火) 11:14:11.99 ID:f1j22e2I
修羅場と言っていいか微妙だけど。

昔働いていた会社には賄いがあった。
月1万程度でお昼が食べられるので、ラッキーと思っていたのだが、
明らかに賄い人数は少なかった。

やっぱり、みんな好きなもの食べたいのかな?お弁当持参?とか思ってたけど、甘かったわ。
賄いのおばちゃん、かなりのメシマズだった…。
(スパゲティにサンマのぶつ切り・変な味のカレーとか)

それでも食べる人がいるのは、社員は給料から天引き(食べても・食べなくても)だから
それなら、おばちゃんをクビに…と思うのだが、社長の知り合いなのでそれも叶わず。

しかしある日、明るいニュースが飛び込んできた。
もうすぐおばちゃん定年とのこと!
何気なくおばちゃんの年齢を聞いた社員、GJな雰囲気だった。
そしてついに定年の日がやってきた。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


余命わずかな母の見舞いに東京観光のついでに来た母の姉

93: おさかなくわえた名無しさん: 2012/06/01(金) 23:36:28.32 ID:uFFwp89B
小学生の時に母親が病気で、みるみる弱って寝たきりになって
しまいには容態急変で救急車で即入院になった
父は入院した母の対応と小学生の子供2人を抱え仕事しながら毎日大変で
家事とかは子供が出来る範囲は手伝ったが、全部はできないので
本当に父親は大変そうだったし、いつもぐったりして夜9時には疲れて寝ていた
(建設業なので体が資本で母が元気な頃は夜の8時にはもう寝てた)

子供ながらにも病気の母と家族を支える父親の疲労が大変そうなのは感じていた
そんな生活が1年続いた頃に母親の実家から夜電話がきた
母の具合の悪い事は母の実家にも連絡済だったが、
本州から海を越えた田舎なので都会には簡単にこれない距離で
(当時の飛行機で3時間ぐらい?)まだ一度も母の家族も親戚も見舞いには来てなかった

ちなみに子供には知らされなかったが、即入院した時に医者から余命半年、
もって一年と言われていてそれも母の実家には伝えてあった
夜で父親は疲れて寝ていて子供である自分が電話に出たら、母の姉からで
今度夫婦で東京に観光に遊びに行くからついでに母親の見舞いに行きたい
場所とかわからないから父親に観光案内してもらい
そのついでに病院にも連れて行ってもらいたい
と笑いながら言われ父親を電話に出すように言われた

スポンサーリンク

この記事の続きを読む

タグ: 病気 見舞い

保険会社に後遺症が残るほどの怪我の診断書を故意に抜かれた

43: おさかなくわえた名無しさん: 2012/05/14(月) 09:57:50.84 ID:M2vlfxZA
交通事故(被害者側)にあい骨折してが場所が面倒なとこでとうとう骨がくっつかないまま
後遺症が残ってしまった

医師に診断書を書いてもらい相手の保険担当に書類を渡し
後遺障害を申請したら(加害者請求
骨折もしてないのにこんな後遺症が出るはずないと非該当
スポンサーリンク

この記事の続きを読む