最新記事
最新コメント
カテゴリー
スポンサードリンク
お知らせ
↓必見!↓
管理人厳選!ぜひ読んでもらいたいおすすめ記事集
↑クリック!↑

□ネタ募集中です!□
投稿はこちらからどうぞ!

逆アクセスランキング
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人一押しおすすめ人気記事

やべー!

スポンサーリンク

衝撃的というか謎なんだけど玄関前にうnこが落ちていたことがある。

215: 名無しさん@おーぷん: 2016/05/07(土)12:01:05 ID:Ubb
衝撃的というか謎なんだけど玄関前にう○こが落ちていたことがある。
サイズからして人○と思う。
それをどけないと家に入れないし、なんで玄関前にう○こがあるのかわけわかめ。
結局どうしたらいいのか分からず、マンションのすぐ近くの交番に駆け込んだ。
とりあえず事件かもしれないってことで警察官の人が写真撮ってトラブルがなかったか事情聴取。

スポンサーリンク

この記事の続きを読む

スポンサードリンク

【理解不能】離婚を決意して20年。子供が家を出る今年こそ!と思っていたら・・・夫「家を建てようかと思う!」 → 嬉しそうに見せてくれた設計図には、なんと・・・

602: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/: 2015/12/15(火) 20:31:09.90 ID:8JIptk3l.net
「結婚したらすぐに家を建てる、絶対に同居はない」と約束して結婚した途端、同居。
姑に泣かされ小姑も半同居で散々だった。
何百回も離婚が頭をよぎったけど子供が大きくなるまではと頑張って20年。
子供がそれぞれ就職が決まり家を出るらしいので、今年こそと思っていたら、旦那が嬉しそうに「家を建てようかと思う!」と発表。

スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【毒親】家を建てようとしたら過干渉の両親が反対! → 俺「子供の学区が変わるから」と断ったら両親が嫁にキレた!「うちの息子が優しいからって洗脳したな!」 俺「」

481: 名無しさん@おーぷん: 2015/03/09(月)00:59:25 ID:mMg
結婚して6年、子どもが通う予定の小学校近くにいい土地が分譲されてたので購入して家を建てることにした。
んで今年の正月実家でその旨を話したら、両親が反対してきた。
実家の敷地が余ってるからそこに家を建てればいい、そうすれば孫にもいつも会えるし、というかこの家も古くなってきたしいっそ二世帯住宅を建てないか。
内心うんざりした。
というのもうちの両親は過干渉。
休みの日は朝から連絡なしできて居座ったり、
勝手に子どもを幼稚園に迎えに行ったり、
俺の実印を管理したがったり、
俺もストレスだったけど、嫁に申し訳なくて都度注意してたけど聞きゃしない。
だから実家から離れたとこに引っ越して今に至る。
しかも実家には過干渉の犠牲者ともいえるいき遅れたアラフォーの姉つき。

スポンサーリンク

この記事の続きを読む


会社「健康ブームに乗っかってサプリメント作ろう!健康に良いアレを入れよう!」 私(え・・・それまずいんじゃ) → 仕方なく作ってみた結果・・・

992: 名無しさん@おーぷん: 2015/06/03(水)19:21:54 ID:mOK
半導体の材料を扱う会社で働いていたんだけど、
健康ブームに乗っかってサプリメントを作ろうということになった
そんなの全然関係ないじゃんと思っていたけど、クリーンルームでの経験や、純度の高い材料を扱う技術があれば簡単に作れるらしい
それで、社内から浮かれた話に釣られた何人か抜き出して新しく食品関係のスキルを持つ社員を雇ってサプリメントの開発が始まった
私は元の会社に所属しつつ、時々出向して指導するという立場だった
それで、サプリメント自体は完成し、販売開始したんだけど、健康問題の可能性があると思っていた
使っていたのはゲルマで、ジンクゲルマなどの形で扱ったことはあり、人体に無害だとは思っていたけど、
単体のゲルマを食べるのはどうかと思っていた

スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【未解決】電話が鳴ってるのに取ろうとしない彼女。ふと画面を見ると、男の名前が・・俺は「浮気発見か?」と思って捜査したのだが・・プロによる組織的犯行だった。

※この記事は過去に掲載した記事を再度編集、投稿したものとなります。

674: 恋人は名無しさん: 2013/04/13(土) 00:54:39.05 ID:IXVlYn4c0
彼女の浮気発見か?と思って捜査したら、プロによる組織的犯行だった。
現在進行中。

俺男 33 サラリーマン 毒
彼女 28 雑貨店勤務 ×1小梨

共通の友人との食事会で、意気投合。
デートを重ね、ほどなく自然と付き合うことに。交際2年。
お互い1人暮らしで、家が電車で1時間ぐらいの中距離恋愛。
俺の職場と彼女の職場は20分程度。彼女は職場近くの家。
俺の家だけちょっと離れてる。
平日の俺は外回りが多く、比較的時間に自由が効くので、
時間が合えば、週1程度でランチを一緒にする。
休日前夜仕事帰りに食事→彼女の家に泊まる→休日デート。
3ヶ月に1回程度、一緒に旅行に行く。な関係。


スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【衝撃】私のウワキがバレて別れようとしたら・・・夫「別れない」 → 私「どうして?」 → 夫が出したものを見て私は愕然とした・・・

954: 名無しさん@HOME: 2013/11/23(土) 18:23:52.12
浮気が発覚しても別れないと宣言されたこと

ある日義両親に呼び出され、興信所の調査結果を突きつけられた
そこには、メールや写真、果ては子供のDNA検査など
いろんな種類の証拠が克明に記されていた
「私さんは浮気をしてるから別れなさい」
顔が青くなる私を前に
夫は「知ってた」と一言
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【夫婦】同僚「嫁とケンカが絶えなくて・・・」 → 上司「ウチは5・7・5でメールしあっていて上手く行ってる」 → 同僚「わかりました!」 → 結果・・・

元スレ:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1409295670/


628: 名無しさん@おーぷん: 2014/09/27(土)00:05:21 ID:???
俺が務めている会社の同僚A(20代)は半年ほど前に結婚したばかりだが、
喧嘩が絶えないようで、その件について昼休み中に上司Bに相談していた。
上司B(既婚、40代)は本当にいつも穏やかで信頼できる人なので、
同僚Aは上司Bに相談すればなんとかなるだろうと思ったようだった。

しかし、同僚Aが相談を持ち掛けたときに上司Bが話した『夫婦円満のコツ』が予想外のものだった。
上司Bは「お互いにイライラしてどうしようもない時は5・7・5でメールしあうようにしてるよ」と言った。
俺は最初冗談かと思ったんだが、どうやら本当のことらしかった。

例えば上司Aの奥さんが洗濯物の件でイラッときた日のメールは、
上司の奥さん:靴下が 逆なんだけど 裏表
上司:あぁすまん 気を付けますね 明日から

個人的な話だが、上記のメールを見たときは早く結婚したくなった。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【冷酷】父が胃がんになったことを彼に話したら胃がんの知識を披露した。ショックだった私が泣くと彼はため息をついて「あのーこーいうのムリなんて、ごめんね」と帰っていった。

560: 恋人は名無しさん: 2011/09/21(水) 00:48:27 ID:+SJI+PkRO
道ですれ違いざま、元彼(と、彼女)をみて最悪な気分になったので記念カキコ

元彼は冷たい人だった
去年、父親が胃ガンになったんだけど
ソレを聞いた奴は胃ガンの知識を披露した
「まぁ胃ガンだったら胃取るんだろうけどガンは転移するからね。
リンパに転移したら胃だけじゃすまないんじゃない?」
「お父さん太ってるから肝臓とかも調べたら?脂肪肝はレントゲンじゃ見えないらしいしね」
みたいに話され
ただでさえガンと聞いてショックだった私には脅しに思えて泣いてしまった。

そしたら「あのさ、別に脅しじゃなくて事実を話してるんだけど」
「ガンなんてナカ開けてみないとわかんないじゃん?余命宣告されたわけじゃないんでしょ」
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【驚愕】式当日の朝に突然、新郎が「この披露宴が終わったら離婚します。新婦と同じ空間にいたくないので出来るだけ別行動にして欲しい」と申し出た・・・

617: 愛と死の名無しさん: 2013/02/11(月) 17:12:17
結婚式場勤務。
式当日の朝、披露宴を担当する宴会のキャプテンが挨拶に入ったら新郎が「この披露宴が終わったら離婚します。新婦と同じ空間にいたくないので出来るだけ別行動にして欲しい 」と申し出てきたことがあった。
キャプテン大慌てで各部署へ連絡。

式が始まってから披露宴まで一度も二人が会話することはなく、控室に戻るのもお色直しも全部別行動。
介添えが新婦についてキャプテンが新郎を案内してた。
披露宴後の写真撮影も新婦一人だけ。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【健気】どんなに酒を飲んでも全く酔わない新婦に安心していたら、披露宴が終わってから今にもタヒにそうな顔をしていて・・・

30: 愛と死の名無しさん: 2010/05/02(日) 22:25:06
式場バイトです。先日あった新婦が少し不幸だった披露宴。

酒が全く飲めない新郎の代わりに、新婦が親戚のおっさんや会社上司たちのお酌を一手に引き受けていた。
新婦は相当酒が強いのかかなりの量を飲まされているのに顔色ひとつ変わらない。
それが面白くないのか「もっと飲め」とおっさん共。
新婦は「もう無理ですよ」とやんわり断りはするのだが、おっさん共は「まだ平気だろ何言ってんだ」と聞く耳持たない。

初めは「新婦大丈夫か?」と不安がっていたスタッフも、全く酔わない新婦を見て「この人は相当酒豪なんだな」と安心していた。

披露宴はつつがなく終わり、最後のお見送りも笑顔で終了。
あぁ何事もなく終わった、よかった。と思いながら着替えの手伝いの為に新婦の所に行くと、
さっきまでの明るい笑顔が今にも死にそうな悲壮な顔に…。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む