729: 1/3: 2006/09/11(月) 16:53:12

自分の武勇伝じゃないけど投下しますね
長いけどごめんね。

俺はブラジリアン柔術をやっているんだが、そこのジムのオーナー(31歳)の話。
オーナーはキックボクシングの畑からブラジリアン柔術に転向して、今茶帯。
 ※茶帯は滅多に居ない、まぁすげー強いってこと
身長185、体重80、もちろん超筋肉質で肌も浅黒い。
でも顔も雰囲気も爽やかで、話しやすいイイ人だ。

そんなオーナーが半月ほど前に市内を車で移動していた時に、
いきなり後方から走ってきた車が、オーナーの車の前に斜めに割り込んで止まったらしい。
黒塗りで、エアロが付き、下品なネオンが光る、ひとめでDQN仕様と分かる型落ちシーマ。
オーナーがワケもわからずにいると、シーマから土方作業着の金髪が降りてきたんだって。
で、オーナーの車のガラスを叩いて「降りて来い!降りて来い!」と怒鳴るらしい。
どうもヤンキーはオーナーの運転が気に入らなかったようだが、全然心当たりは無いそうだ。







スポンサーリンク

この記事の続きを読む