最新記事
最新コメント
カテゴリー
スポンサードリンク
お知らせ
↓必見!↓
管理人厳選!ぜひ読んでもらいたいおすすめ記事集
↑クリック!↑

□ネタ募集中です!□
投稿はこちらからどうぞ!

逆アクセスランキング
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人一押しおすすめ人気記事

嫁大好き

スポンサーリンク

嫁がハイスペック過ぎて肩身が狭い。。稼ぎも俺より上だったし家事も手抜きしない、料理はいつもメニュー違う

529: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2012/06/21(木) 10:06:03
嫁がハイスペック過ぎて肩身が狭い。

俺のこと大好きで他の男には目もくれない嫁。
旧帝卒で就職先も職場での評価ぶりも稼ぎも俺より上だったし家事も手抜きしないし料理はいつもメニュー違う。

近くに住むうちの両親やじいちゃんともうまくやってて、母の日とか誕生日とかのプレゼントも欠かさない。
妊娠中も弱音吐かないし、逆にこっちが弱音はいてると励ましてくれるし。苦労人だからか忍耐強いし。
見た目は学生時代何度もスカウトされてたくらいで俺の職場でも評判の美人。
学歴とか容姿とかを鼻にかけず気さくで男っぽい性格だから、低学歴からのウケもいい。コミュニケーション力高すぎ。
人前では絶対俺を立て、俺の実家の近所でも今時珍しいいい子だと評判らしい。お袋は鼻高々でことあるごとに「なんで◯◯ちゃんはあんたなんかと…」とか言うし、職場でもみんな扱いが嫁>>>>>俺。

嫁は「あたしが旦那に惚れて追っかけたんですよw」と言ってくれるが、なんか惨めだわ。


この記事の続きを読む

スポンサードリンク

嫁に愛してる言ったことで仕事仕事で大事な嫁さん二の次にしてた自分に気づくことが出来たよ!

358: 名無しさん@お腹いっぱい。: 2011/05/20(金) 20:54:58
ただいま、遅くなってごめん。愛してるよ。って言ったら、
いつもお疲れさま、久しぶりに言ってくれたね〜、愛してるよ。
って返ってきた。
仕事仕事で大事な嫁さん二の次にしてた自分に気づけた。
だいすきだなー

スポンサーリンク


この記事の続きを読む


君が皆の君になるのは寂しいけど、輝く君を見られるなら僕は嬉しい

629: 素敵な旦那様: 04/07/18 23:38
君は明日から忙しくなるね。
今までは僕だけの君だったが明日からは皆の君になっちまうかと思うと少々淋しいが、
再び輝く君を見られるならば僕は嬉しい。君の夫であることを誇りに思うよ。

昔のように疲れ果てて眠りにつく君を見るのが僕だけの特権のような気がしてますます愛しくなる。
君にはいつも無理を言ってしまうが感謝してるよ。

恥ずかしくてこんなことリアルで言えないが愛してるよ。

スポンサーリンク


この記事の続きを読む


どれだけ嫁に愛され尽くしてもらっていたか嫁が死んで思い知った

823: 素敵な旦那様: 2005/06/07(火) 08:53:57
スレ汚しを覚悟で失礼させてください。
どこに書けばいいのか散々迷って、結局ここにたどり着いてしまったので。

オレの大好きな嫁が死にました。
葬式が終わって、仕事にも復帰してずいぶん経つけど、毎日がどこか上滑りな感じがする。
毎日眠れない。ベットが広すぎる。
布団も枕も、ふかふかしてない。
ワイシャツにアイロンがかかっていない。
スーツのズボンもしわだらけだ。
メシがまずい。何も喰えなくなった。
部屋が汚い。
トイレも汚い。
ティッシュペーパーの買い置きがない。
風呂場がヌルヌルする。
リビングに敷いているラグがぐにゃぐにゃになったままだ。
オレは毎日、この部屋に帰ってくるのが辛くてたまらない。

嫁も働いていたのに、全てがきちんと、全てがまっすぐに整っていた家。
毎日あったかいメシが出てきて、俺の帰りなんか待ってなくてもいいのに待っていて、
いつでもニコニコして、幸せだといい、
俺が家にいると嬉しいといってまとわりついていた嫁がいない。
どこを探してもいない。

オレは、どれだけ嫁に愛されていて、どれだけ嫁に尽くしてもらっていたか、
嫁が死んで改めて思い知った。
どうすればいい。
嫁に、大好きだとか、愛してるとか、伝えたいが、どうすればいい。


スポンサーリンク

この記事の続きを読む


嫁が死んだらきっと俺も後を追って死ぬだろうなぁ

87: 素敵な旦那様: 2005/04/17(日) 05:10:32
久々に早朝に眼が覚めたから嫁の寝顔みながら2ch。
ああ、カワエエ。
さっき「正直、妻に早く死んでもらいたい人の数 」っていうスレを
見てきて、もし嫁が死んだら、って考えたら泣きそうになった。
嫁が死んだらきっと俺も後を追って死ぬだろうなぁって思うよ。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む