93: 愛と死の名無しさん: 2010/02/28(日) 01:30:57
不幸になりかけた披露宴。

私は新郎親族だった。
新郎新婦は共にアラサー。
新婦はさほど美人ではなく「顔立ちそのもの」は、ややマイナス位。
だけどニコニコした感じのいい人。

そして新婦友人のテーブルには綺麗な人が多かった。
黒い服の人はおらず、みなカラフルなドレスを慣れた感じで着こなした美人ぞろい。
会場内の男性の視線が集まるのが判るくらい。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む