最新記事
最新コメント
カテゴリー
スポンサードリンク
お知らせ
↓必見!↓
管理人厳選!ぜひ読んでもらいたいおすすめ記事集
↑クリック!↑

□ネタ募集中です!□
投稿はこちらからどうぞ!

逆アクセスランキング
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人一押しおすすめ人気記事

DQN

スポンサーリンク

【厨二】チャラい感じの遊んでそうな彼氏が欲しいと思って茶髪パーマのイケメンと付き合った結果wwwwww

49: おさかなくわえた名無しさん: 2013/05/15(水) 07:40:18.07 ID:ZuqTZ7Dm
なんで冷めるのかわからないって叩かれるかもしれないけど私が高校生の頃の冷め話し

高校に入学したばかりのころ私はなぜか、それなりに遊んでる感じの女の子にあこがれがあった
それには当然チャラい感じの遊んでそうな彼氏が欲しいと思ってて高校に入学したときの目標がチャラ男の彼氏をみつけること
でも中学までは真面目で親に言われたとおりのそれなりの進学高に行ってしまったしまったのと一年始まったばかりなのとで目ぼしい男の子が全然いない(笑
いたとしても勘違いしたキョロ充っぽいブサ面
で、私には縁がなかったのかなぁとか思ってたら別なクラスにチャラそうな感じのイケメン発見した。
みんな黒髪なのに一人だけ茶ぱつでかるくパーマした髪の男、今思うと何様だよって感じだけど
その時にもう少し様子を見てみて私の眼鏡にかなったらそいつで妥協してやろうって考えてた
スポンサーリンク

この記事の続きを読む

スポンサードリンク

【因果応報】同僚がスピーチで新婦のことを「ヒデヨさん」と呼んでいた。彼女の名前を間違えて覚えているのか?と思ったら、新郎新婦の顔を見て気付いてしまった・・・!

9: 愛と死の名無しさん: 2010/09/05 17:45:42
新婦側友人として出席した式。

新郎新婦は職場結婚。
私は学生時代の友人として出席したんだけど
かなり大きな会社だったこともあって、職場の人たちも大勢呼ばれていた。

空気がおかしくなったのは同僚男性のスピーチから。
スピーチの内容そのものは特におかしくない。でもさかんに新婦の名を
「ヒデヨさん、ヒデヨさん」
と呼ぶ。
新婦の名は「××代」ではあるが、ヒデヨとは読まない。


10: 愛と死の名無しさん: 2010/09/05 17:47:49
名前間違って覚えてるのかな?晴れの場なんだからちゃんと覚えてくればいいのに…
と思って見てたら、途中で上司らしき人に叱責されて
急遽「お幸せに」とまとめて壇上を下りた。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【DQN一家】私の親戚が偶然彼の家に仕事を依頼した。その後、トラブルが起きて彼の家の本性が明らかになった!

元スレ:百年の恋も冷めた瞬間 Open
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395333139/


251: 名無しさん@おーぷん: 2014/07/07(月)09:59:59 ID:45obqYh50
十年くらい前に付き合って結婚話も持ち上がってた彼氏がいた
お家が生コンの圧送屋さんで、彼はそこの跡取り息子
でも家業は両親が切り盛りしてるから君は結婚しても今の仕事続けなよ、等
かなり具体的な将来設計の話もしてた頃に
偶然私の親戚が彼の家の圧送屋さんに仕事を依頼し、その後に支払いで揉めた
細かいところ語ると長くなるから端折るけど、

彼の親の主張
「仕事をきちんとしたのにお金を払ってくれない」
私の親戚の主張
「前の年にほぼ同量の生コンを打つ時に使った圧送屋は50万だった。
同じ値段で出来るかと聞いたら出来ると断言していたのにいざ請求が来たら90万だった
納得いかないからとりあえず50万入金して話し合いの場を持とうといっても
圧送屋はただ残額の請求書を送ってくるだけで一切対応しようとしない」
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【GJ!】中学時代に俺をイジメていたDQN達に遭遇。姉達に絡み始めたので止めたら殴られた。すると普段温厚な姉が・・・

709: 名無しさん@おーぷん: 2014/06/21(土)19:36:43 ID:kROH5Cet8
俺がやった事ではなく、姉がやった事だが

俺の姉は背が高く(180オーバー)ガッシリした体形で後ろ姿は男に間違えられるのがいつもの事
でも、性格は温厚そのもので本気で怒ったところを見たことがなかった

ある日、姉が友人数名と飲んでいて終電がなくなったから迎えに来てくれと電話があり車で迎えに行ったら、迎えに行った先で中学時代に俺を虐めていたDQN達3人と遭遇
そのままチンピラになりました、みたいな風貌で嫌だな、と思いつつ適当にあしらおうとしていたら姉達と合流
俺が絡まれるならまだいいが、姉達に絡み始めたので頑張って止めようとしたら「○○(俺の名)のくせにウゼェんだよ」と言われて殴られた
不意に殴られて意識が朦朧としていたのでその時の事は姉の友人からの伝聞
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【ミステリー】友人(新婦)の結婚式に招待されたけど、新郎のことを新婦友人の誰もが知らなかった。よく見ると、新婦側の席に親族はおろか家族さえいなかった・・・

373: 愛と死の名無しさん: 2013/12/10(火) 11:58:52
不幸なのかどうか微妙なんだけど
古くからの友人の式。久しぶりに会う同窓生が十数人。
式の前には招待状が届くわけなんだけど、書かれていた男性の名前は知らない人。最近連絡とってなかったからな〜(  ̄▽ ̄)と呑気にしてた。
新婦の友人と話すうちに、誰一人として新郎を知らないことが分かった。誰一人って珍しくないか!?
そのうちもっと奇妙なことが起こった。新婦の親族、兄弟両親がいない。そもそも最初からいない。
新郎側は尼崎事件の角田ファミリーチックな軍団が座ってる。同僚だろうか、加トちゃんの妻の写真に出てくるようなメンバーがわらわら。
スポンサーリンク

この記事の続きを読む


【電車男】兄「き、君たち、電車内で騒ぐのはやめなさい・・・」 → DQN女「はぁ?うぜーよ!」 → 兄、結婚

286: おさかなくわえた名無しさん: 2007/08/09(木) 01:01:09 ID:8NeHJbxK
兄と義姉の武勇伝。
武勇伝ってのは二人が出会ったきっかけなんだけど
電車内で座り込んで騒いでるDQN女たちを見かねて、兄はビビリながらも
穏やかに注意した。
結果、兄はDQN女に男性の急所を殴られて一発KO。

同じ車両の女性が兄の勇姿と散り様に触発され、DQNに平手打ちかまし説教のち通報。
DQNたちはそこまでやられるとは思わなかったらしく突然の反撃に涙目だったらしい。
兄を介抱したことがきっかけで二人は親しくなり女性の方から告白。その後見事結婚した。
兄を好きになった理由は、「彼に本当の勇気と優しさを見た」かららしいw

スポンサーリンク


この記事の続きを読む


【涙腺崩壊】親戚が俺が引き取って育てたクソガキに俺のことをボロクソに言ってた。するとそのクソガキ、同じように俺のことをボロクソに言うと思ったら・・・

854: おさかなくわえた名無しさん: 05/01/10 22:21:18 ID:DBdY1Qhq
訳あって引き取って育ててたかわいげ皆無なクソガキがけっこーいい大学に受かった。

スポンサーリンク


この記事の続きを読む


【修羅場】彼女の様子がおかしくなっていったので、携帯を見てみたら予想通り真っ黒!男を呼びつけたら3人の仲間を引き連れてやってきた!

252: 恋人は名無しさん: 2011/03/21(月) 22:37:30 ID:tjrjF3320
なんで人の彼女に手を出すやつは
話合いをしようとすると人を馬鹿にしながら殴ってくるかね
自分の時もそうだし友達の時もそうだったし


253: 恋人は名無しさん: 2011/03/21(月) 22:51:24 ID:BmPJQD580
>>252
詳しくしてごらん



257: 252: 2011/03/23(水) 03:03:20 ID:AAcmSQ7g0
すまん福島の親戚と連絡取れたもんで迎えに行ってくることになった
近日中に詳細書くようにするから勘弁してくれ


258: 恋人は名無しさん: 2011/03/23(水) 03:39:01 ID:Vw3OorOo0
道中の無事を祈る。



スポンサーリンク


この記事の続きを読む


【これは期待!!】見るからに地雷だらけのDQN結婚式に参加した結果・・・

225: 愛と死の名無しさん: 2012/10/03(水) 14:51:48.32
友人が3日後に式を挙げる。授かり婚と言うやつだが、籍は入れていない。金欠のため式場ではなくパーティー会場を使うそうだが、昨日にドタキャン2名。会費制だが、会費は未納。納める気もないとのこと。

スポンサーリンク


この記事の続きを読む


【修羅場】彼女の地元へ遊びに行くと、彼女はやたらと周りを気にしていた。「先輩で絡みたくない人がいるんだ」という言葉を信じていたら、彼女をNTR!!

575: 恋人は名無しさん: 2011/06/09(木) 02:10:34 ID:EWZIvBeMO
携帯から投下します、フェイクありますが実話です。
文才皆無なのでスルー推奨

俺:20代学生、ヘタレ
彼女:当時JK
ヒロちゃん:彼女の浮気相手、デコトラ使い

合コンで知り合った俺等は意気投合し、付き合おうとするも彼氏がいた為お別れするのを待ってからお付き合いする事に。

スポンサーリンク


この記事の続きを読む